サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

哲学

専門分野を自動記述で決める

専門分野。専門分野とは何ぞや。私は理系だったが経済学部を専攻した。理由は工学部に行きたくなかったからだ。工学部へ行くと実験やら何やら忙しいぞとハイスクールテーチャーに言われそれではガレージパンクに支障をきたすではないかと思いイヤだと言った…

ニンジン的ニンゲン関係

人間関係で職場を退職する人は多いらしい。ニンゲンほどメンドクサイものはないしいい加減なものはない。その気持ちはよくわかる。イヤなヤツは地動説がひっくり返ってもイヤなヤツであろう。相手が自分をイヤなヤツと思っていたら逆もまた然りである。組織…

ある重要事項を検討中に「ゑ」という字にぶつかった。この字はなかなか普段お目にかからない。「ゑ」は私の苗字である惠美須の「惠」から来ているらしい。こうしてマジマジと見ていると「るん」である。しかし草体の「ゑ」を見ると「惠」を崩していることが…

肛門と首の形而上学的意味

あることに気づいた。全ては肛門へ帰結していくと。人間存在は肛門から始まり一旦肛門で終わるのだ。開始点であり終着点である。しかし私は首を守らなければならない。人間の部位で首ほど私を敏感にさせるものはない。首に全存在がかかっていることは言うま…

存在と変容

全ての人間はどんなに頑張ってもこの世の物事の0.1%も知らずしてその生涯を終えるだろう。例えば毎日10時間読書をしたとしても一切読まない人間と比較したらその差はないとはもちろん言えないがもっともっと大きな世界をイメージして2人を比較したとすると…

偏執狂的批判的詫び寂び

偏執狂的批判的詫び寂び。パラノイアッククリティックワビサビ。それは日本人しか到達できない領域である。滅びていくものの美しさを妄想的に批判的に。我々の多神教的素地は西洋とは異なる偏執狂性を産み出す。時には批判さえも排除される。排除ではなくそ…

じわりじわり迫るルーチン

ルーティンがじわりじわり迫ってくる! ではなくてルーチンチンは じわりじわり迫るものでありたい。 “Routine, in an intelligent man, is the sign of ambition”と ウィスタン・ヒュー・オーデンは言っている。 ルーチンは知性ある人にとって 野望のサイン…

スキマを極めて拡げる

相変わらずやりたいことは膨れるばかりである。全てをやる時間などない。まあコレは幸せなことではある。食料余剰の幸運に乗っかって平和を謳歌しのたうちまわっているだけである。一歩引いて考えてみれば自分なりに優先順位をつけている。家族との時間を大…

感性の書

感性の書。小説、詩、随筆、自伝いろいろあるだろう。感性の書は実務書の対義語である。実務のために存在する書はそれはそれで実務遂行には必要である。感性の書とは己の感性をぶちまけたものである。つまり内容によっては何言っているかわからない場合もあ…

売れた本と偏執狂的批判的読書

平成で売れた本を紹介するTV番組を観た。全部を観たわけではないがそんな本あったね〜なんて話になった。来たる令和の時代には一体どんな本が流行るのだろうか。売れる本というのはその本のアイデアや内容が面白いのはもちろん時代にマッチしていなくてはヒ…

内田裕也の遺影がカール・ラガーフェルドに見えた。

Yuya, don't rest in peace!涙を誘う素晴らしい謝辞であった。内田裕也の遺影がカール・ラガーフェルドに見えた。つまりファッションはロックンロールである。ロックンロール。それは魔法の言葉である。絶体絶命の窮地に立たされた時発せられるその言葉はロ…

あなたの本質に共鳴する領域について

私は作曲を10代の頃からやっている。気付いたら脳内で音を鳴らし音像を構成できるようになっていた。とは言ってもガレージパンクという荒削りなロケンローにどハマりした人間でありそこからが起点であるのでいわゆるクラシック音楽のような高尚なものではな…

緊張感という醍醐味

日常で緊張することは大なり小なりあると思う。なるべく緊張などしたくはないがある程度人間にとって必要なものでもある。最高の緊張感を味わえるものとしてスポーツ観戦があると思う。結果という唯一のゴールに向かって人と人が競い合う時例えば優勝争いを…

批判的たれっ!

前回は「偏執狂的」を噛み砕いてみたが今回は「批判的」を考えてみる。批判的とは物事を客観的に分析的に論理的に考えていく態度のことを指す。否定的に物事を見ることはイコール批判的ではないのだ。批判的は英語でクリティカルである。そうビジネスマンな…

偏執狂的たれっ!

偏執狂(へんしゅうきょう)とはパラノイア、妄想症とも言われる。一つの事に異常に執着し、病的な態度を示す人をそう呼ぶ。モノマニア(monomania)であり単一の思考に没頭している人である。一方で偏執病(症)というのは「私は次期天皇である!」とか「誰…

俯瞰的直感

「直感」ちゅうもんがある。直感はまだ科学的に解明されていないと思う。「科学的に解明」されたからどうだということもない。科学への妄信も危険である。ともかく直感ちゅうもんは存在する。歳を取ると直感が冴えてくる気もしている。それは「経験」に拠る…

A Dali Primerちゅうダリ読本

ダリのファンであり友人であるモース夫妻。彼らのダリコレクションを展示するためにフロリダのダリミュージアムは設立された。いつか行ってみたいところである。モース夫妻は"A Dali Primer"ダリ読本という本を出版している。日本語版はないようだがこのダリ…

天才、秀才、凡才

知人が天才、秀才、凡才なんとかという本を読んでいると教えてくれた。今流行っているらしい。私はその本を読む時間がないが天才、秀才、凡才について少し考んがえてみよう。私は凡才である。歴史を振り返ってみよう。数々の偉人がいる。その人達より私は勝…

身体をマシュマロトランポリンへ

身体には五感が存在する。見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触れるの五つだ。すなわち目・耳・鼻・口・皮膚である。五感を超えるとされる第六感、音に色を感じたり形に味を感じる共感覚というものも存在するが身体の感覚を使ってでしか世界は認識できない。世界を…

流れて究める

誰にも負けない分野とは何ぞや。専門とは何ぞや。例えば税理士は税務の専門家である。しかし税務であっても、その中でも相続税の専門家など細分化される。中小企業診断士もそうだ。マーケティングや生産管理など色々ある。また専門=誰にも負けない分野とも…

数字

数字は大切だ。数字は真実を示すことがある。数字は改善を表現する。数字は闇を暴く。しかし数字では表現できないこともある。統計や確率も重要だ。大きな意思決定には参考にするべきだ。この世に再起不能になるような意思決定がどれだけあるのか知らないが…

The Body Of Dali

ダリの著書を読むと、ダリは延命科学や冬眠技術に興味があったことがわかる。また「天才は死なない」とも言っていた。しかしダリは1989年1月23日に亡くなっているので冬眠したわけではない。葬式をやったはずである。ちょっと調べてみたところ、ダリの葬式の…

独創は伝統に依拠する

「ダリとの対話」という古書を読んだ。フランスの詩人・作家・評論家であるアラン・ボスケとの対話集である。対話の中でダリが「なにか独創的なものをもたらしてくれるのは伝統だけなのだ」「反抗に価値があったのは、伝統を若返らせたでしかないことに気づ…

完成されぬ感性

感性とはなんぞや。よくわからぬものである。人それぞれ違うのは間違いない。優れている劣っているということは絶対ないものである。ただそれが違うだけ。異なる感性による判断結果が二つに分かれたとしよう。多数派と少数派ができたとする。多数派が少数派…

経験に勝る術

経験に勝る術はあるのだろうか。何かに対して経験があるのとないのではその差は天と地くらいの差が開いている。そう意味では人生の先輩方は自分よりも経験が豊富であるから天と地ほど差が開いているということを認識すべきだ。例えば10年、年上の人は自分よ…

(笑)​

月日が過ぎ去るのは実に早い(笑)まさに諸行無常である(笑)何でもかんでも文章の後に(笑)をつける人がいる(笑)どう読んでも笑えるポイントがないのに使っているケースもある(笑)しかし人それぞれ笑いのツボは違うのでそれは仕方がないことなのかも…

放屁芸術

ダリセンセの「天才の日記」には附録として「放屁の術、または陰険な大砲に関する概論」という論文のようなものが掲載されている。著者は「トランペット伯爵」となっており、放屁に関する考察が長々と書かれている笑。ダリが愛読していたものとされているが…

平凡で刺す

平凡で刺す。現実はそんなにドラマチックではない。ただ淡々と日々の営みが行われる。起承転結もない。そんなところを切り取って感動を与えることはやはり難しいのだろうか。何かを伝えるためにストーリーをつくる。脚色する。強調したいところにフォーカス…

超現実とは

「超現実」とは空想の世界ではない。「非現実」とも違う。勘違いしている人が多いらしい。「超現実」とは現実世界の決まり、ルール、常識、固定観念、礼儀など現実を縛りつけるものを一切取り払い、つまりそれを超越した「現実」のことを指す。「過剰過ぎる…

思考実験からのMr.シュ~ル登場

知人が「100の思考実験」という本を貸してくれた。身体と脳、自意識、生命倫理、言語、宗教、芸術、環境、格差など簡単に答えの出ない100の難問が読者に次々と提示される本らしい。例えば、「私を食べてと豚に言われたら、その肉を食べるか?」という問いが…