サルバドール・エビ

超現実珍談集

中小企業診断士

商圏と規格という制約の中で

商圏が限定されているビジネスちゅうものが存在する。わかりやすい例が食べ物だろう。その場で食べるか持って帰ってすぐ冷やさなければならないものは遠くのお客さんに自分たちの商品を届けることはできない。保冷剤を入れたらある程度まで延長できるかもし…

強みなんて言わないで弱みなんて言わないで

診断士が年一回受けることになっている理論政策更新研修会を受講した。珍談士的に言うとリロケンにジョインしてバイブスぶち上げてきた。ぬぁるふぉどっ!と唸る話を聞いた。診断士は経営支援を行う上で経営者にヒアリングする時に強み弱みを聞くことがある…

P-SWOT

SWOT分析というものがある。知っている人も多いだろう。強みと弱みと機会と脅威の4つを列挙して経営戦略を考えるフレームワークである。出てきたものをクロスさせるクロスSWOT分析というのもある。SWOT分析などもう古い。使いものにならないと言われることも…

経営者の涙

仕事で全国各地のものづくりに関わる人々を取材しているが初めてインタビュー中に経営者が涙を浮かべながら話をしてくださった。この企画が始まってもうすぐ4年半になるがおそらく初めてだと思う。経営の話というよりかはものづくりへの思い、さらにその人そ…

ITスッとラテ・ジッストッ!

知人がITストラテジストちゅう資格に挑戦するということでテキスト・問題集を私に見せてくれた。ITストラテジストちゅうもんはIT系の国家資格であり最高峰に位置する資格らしく経営戦略を理解した上でIT戦略を立案・実行する人材を想定している。中小企業診…

絶頂

「絶頂」。なんてマ~ベラスなワードなのだ。「絶頂」を辞書で調べたりはしない。よく辞書にはどう書いてあるかを語るケースがあるが私はしない。その言葉の響き、漢字の印象、我が超現実辞書に載る絶頂の意味を私が理解していればそれでいいのだ。超現実珍…

音楽聴いてチキンスキンがスタンディンッ!

音楽を聴いていて鳥肌が立ったことはあるだろうか?鳥肌が立つ人は脳が特殊な構造になっているという記事を見た。割合としては4%しかいないらしい。4%!?!?本当だろうか。私は音楽を聴いてすぐに絶頂し鳥肌実になってしまうし周りの人に聞いてもチキン…

BOSAI(暴犀)がCSRを堪能する

防災の日だっちゅうことでオンメエ保護者会会長だっちゅうことで警備保障会社が開催する地域の防災訓練イベントに参加してみた。集合してから歩いて子供達をその企業のビルまで連れていくというマジメなものであるがその見事なCSR活動に感心したのだった。警…

おぱぱされるもどかしさ

全国各地のものづくりメーカー、作家さん、職人さんを取材するようになって4年以上が経過しようとしている。その現状を見るにつれ必死に戦っている方達を見るにつれもっと入り込むことはできないのかお役に立てることはできないのかと思いまた元々経営に興味…

メンテナンスブレークスルーッ

ある職人さん、製作家さんを取材した。あるものを製作している方だが製作だけでなくメンテナンス、つまり修理も事業の軸として大きな割合を占めているとのことだった。あるものを製作する場合、製作だけに専念しているケースとお客さんからモノを預かってメ…

組織の中と外

組織の中と外の問題。腐敗し緩やかに崩壊していく組織体があったとして中の人と外の人はどちらが先にその崩壊を察知することができるのだろう。諸事情を第一に知ることができる中の人だろうか。客観的にその組織体を見ることができる外の人(支援者)だろう…

ノンクリとクリクリの使い分け

SHIGOTOっちゅうもんは何かしらクリエイティブな部分があるとは思うがクリエイティブな仕事とノンクリエイティブな仕事に無理矢理わけることも一応可能である。コレはSHIGOTOではなくJIGYOもそう言える。クリエイティブな事業とノンクリエイティブな事業があ…

ニュッヒシネスキョーキカイッ

ニュービジネス協議会という会合にお誘いしていただき参加してみた。基本的には経営者の集まりでニュービジネスなので新規事業をどんどん立ち上げていこうという集まりのようである。今回は外国人を招いて国際交流もしようということで色々な国の方が来てい…

行政事業(ギョウセイジギョッ)

コウムイーンのチジーンから興味深く面白い話を聞いた。行政事業というのはとかくコンセプトが明確になる傾向にあるそうだ。たとえそれがちょっとした公園を作る時であっても。なぜコンセプトが明確にならざるを得ないかというと国民、都道府県民、市町村民…

新規事業開発ミーテングッ

東京診断士協会のマスターコスーを卒業したので今後は講師として講義と演習を行う側となった。新規事業開発チムーのミーチングを行った。自社の既存事業を食いつぶす新規事業を思い切って推進し成功した事例の紹介やら最近の中小企業における新規事業開発の…

リジリドゥミーティングッ

診断士会の理事会に出席した。コーホー委員として士会のFacebookページを仮で立ち上げたが理事会で承認が降りたので無事公開された。自由に会員が投稿して盛り上がってくれたらいいなと思う。県内の企業内診断士は士会に入会しない方も多い。入会すれば普通…

デッザイナーズデザイアッ

この国でデザイナーと呼ばれる人達はアーティストではない。厳密に言うとクリエイターでもない。デザイナーと名乗る人はゼロからイチで何かを作れる人だと考えるのは良くある誤解である。もちろんデザイナーでアーティストもいればクリエイターもいるだろう…

セレンディピティに宣戦布告したデジタルマーケティング

デジタルマーケティングが進化していくにつれ一人一人にカスタマイズされたデジタル広告が視界に入るような世界になっていくだろう。テクノロジーにより確実なターゲティングがなされ響く広告がそれぞれに届けられる。どうだろうか。そういう世界を想像して…

カスタマージャーニーとサービスフロー

マーケティングの世界にはカスタマージャーニーちゅうもんがある。顧客の一連の行動を可視化して顧客が何を考え、どう感じるかを理解するのに役立つ。まずペルソナを設定する。ペルソナっちゅうもんは典型的なユーザーを設定することだ。例えば名前は惠美須…

三年後に飛び三年間を振り返る

あるプロジェクトのミーティングかつ呑みーティングを行った。なかなか面白い会話の方法で話した。なかなか壮大なプロジェクトをあるメンバー達で企画しているのだが三年後どうなっているかを決めようという話になった。現在を起点に考えるのかと思ったがそ…

北関東信越ブロック情報交換会

中小企業診断士協会の北関東信越ブロック情報交換会に参加した。茨城県、群馬県、長野県、新潟県、そして栃木県と5県による会だった。新潟県で開催されるとのことで勝手に栃木県と新潟県の協会の2県で情報交換会をやるのかなと思っていたので5県集まると…

差別化集中戦略の困難さ

中小企業は大企業と違い経営資源が不足しているので経営資源を集中して差別化集中戦略をとることが多い。ニッチな層に高い付加価値をつけて製品やサービスを提供したりする。今はインターネットも発達しているので比較的情報発信はしやすくはなっているがホ…

一旦視界から消す

大したことは総じてやってないのだが最近何だかせわしないな〜とふと思った。本業では全国出張がちょいちょい入る。そして診断士としての業務や診断士協会理事としての業務、研究会活動、マスターコース新規事業開発の講師の準備もある。それ以外にも純粋な…

IoT研Q会

診断士会で新たに始まったIoT研究会に参加した。今回は今後の研究会活動の計画とIoTの事例紹介などであった。IoTはなんでもありで定義が揺らいでいるのか次回はその点をわかりやすく専門家の先生が講義してくれるとのことである。IoTは製造業のみならず、農…

なぜなぜをまぜまぜしおぱおぱをへいへいする

あるお方との座談会に参加したことを前回書いたが、もう一つ思ったことがある。そのお方はなぜなぜを繰り返すと言った。いわゆる「なぜなぜ分析」である。本家からその言葉出たー!と内心興奮したが、なぜなぜやってますかと自分に問えば自信を持ってやって…

聞きたいことが聞けんかったYO!

日本人で知らない人はいないものづくりのメーカーであり日本一の時価総額を誇る企業で社長を努めた方の座談会に参加する機会をいただいた。時間と質問事項に制約があったので一つしか質問できず三つ本当に聞きたいことがあったが聞くことができなかった。残…

宇宙コンサルタント!?

あるメリマゲが受信BOXに届いた。なんとなくそれを見ていた。内容は業務の生産性改善でRPAやらなんやらの話であった。そういうの大事ですよね~などと思いながらなんとなくそのメリマゲを送った人物が気になったのでどんな人なのかを調べてみた。グーグルセ…

偏執狂的批判的方法×経営

私はそろそろマジメに偏執狂的批判的方法と経営について体系化に挑戦しようと思う。ロジカルシンキング、デザインシンキングのその先を行くパラノイアッククリティックシンキングは今後重要になってくるだろう。「あなたの妄想性を経営に!」をテーマに体系…

MONO HOJO GOGOGO!

ものづくり補助金の採択結果が発表された。人生初の補助金申請書作成であり今回はお手伝いとしてご指導いただきながら作成を行ったがなんとかかんとか無事採択となった。許可を得て副業的な受注ではあったが診断士としてプロとして責任を持ち申請書を作成し…

油田のように湧き上がる地域資源活用

油田のように湧き上がる地域資源を活用して独自の商品を作り出し成功している企業を取材した。アイデアの勝利を感じた。詳しくはまだ述べることはできないがその商品はとにかく目立つ。その商品が存在していたらその商品に目が行かない人間はいないだろう。…