サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

中小企業診断士

プレゼンテショーンおぶマッスターコスー

トーキョー診断士協会のマスターコースの最終講義”プレゼンテーション”を受講した。まずはプレゼンテーションの講義を行いその後は受講生がそれぞれプレゼンを皆の前で発表しそのフィードバックをもらうという内容であった。私は『私のブログはどこへ行く』…

中小の知財を守れ

中小企業の知的財産が大企業に奪われる問題が深刻になっているようだ。製造業だけでなく小売やサービスなど業種も広がっているらしい。言うまでもなく中小企業は経営資源が大企業よりも不足しているので人・モノ・金で勝てないなら何で勝つ、それは知恵と工…

専門分野を自動記述で決める

専門分野。専門分野とは何ぞや。私は理系だったが経済学部を専攻した。理由は工学部に行きたくなかったからだ。工学部へ行くと実験やら何やら忙しいぞとハイスクールテーチャーに言われそれではガレージパンクに支障をきたすではないかと思いイヤだと言った…

ある重要事項を検討中に「ゑ」という字にぶつかった。この字はなかなか普段お目にかからない。「ゑ」は私の苗字である惠美須の「惠」から来ているらしい。こうしてマジマジと見ていると「るん」である。しかし草体の「ゑ」を見ると「惠」を崩していることが…

数々のハードルを越えてきた大企業

大企業。そう聞くと色々なイメージを思い浮かべると思う。良いイメージも悪いイメージもあると思う。上場している企業もあれば巨大企業なのに上場していない場合もある。経営資源の質が高く量が豊富にある。この国のほとんどの企業は中小企業であり日本の経…

法人税等の存在しない決算報告書

損益計算書の利益計算はまずは売上総利益が計算されその次に営業利益、次に経常利益、さらに税引前当期純利益が来て最後に当期純利益が計算される。税引前当期純利益から法人税等の勘定科目で法人税等が引かれて算出されるのが通常である。「法人税等」が存…

診る書く話す

珍談士の仕事は「診る書く話す」と良く言われているがMONO HOJO WORKINGはまさに診る書く話すであると感じる。経営者と話して、「話す」というよりかは「聞く」かもしれないがヒアリングをして企業や事業を「診て」申請書を「書く」という全てのプロセスが含…

筆頭株主なのに平社員

トーキョーマスターコースの事業承継の課題で社長の長男に自社株を贈与し承継を行うという事例があった。長女の夫もその企業で働いておりその処遇をどうするかということで議論になった。年上でもある長女の夫の処遇が適切でないとやる気がなくなってしまっ…

不便利さという心地良さ

トーキョー診断士協会マスターコースの国際化の講義に参加した。国際化と言えども色々なテーマがある。輸出、海外に拠点を設ける海外展開、そして日本に来訪する外国人に向けたビジネスも国際化の範疇である。国際化と言えども日本に訪れる外国人の75%は中…

インセクト・バード・フィッシュ・アイズ

いわゆる経営診断というかある企業を診るということは虫の目、鳥の目、魚の目が必要である。企業そのものを診るには虫の目、一歩引いて企業が外部から見てどのようなポジションで存在しているのかを診るには鳥の目、そしてどのようなトレンドがあり時代の流…

企業再生研究会!?​

トーキョー診断士協会のマスターコースが来月で終了する。中小企業診断士が関わる全領域と言っていいくらいの広範囲な分野の知識を深めることができた。またやりがいのある課題が毎回与えられ大変学びになった一年であった。そして何よりも様々な人と出会い…

依存度

中小企業は大企業の下請けであることも多い。大企業に受注の大部分を依存していると大企業の動向に振り回されるので経営の不安定化に繋がる。大企業の受注依存度を下げて経営を安定化するように戦略的に動いていくことが求められるが一方で大企業の仕事が売…

MONO HOJO WORKING

MONO HOJO WORKING。禁無先から許可もおりものづくり補助金申請のお手伝いする機会をいただき申請書作成を行うことになった。もの補助申請は診断士の力を発揮できる分野だ。地元の企業を支援できる絶好の機会である。初回のヒアリングを行いその内容と社長の…

営業とマーケのバランシング支援!?

営業とマーケティングはぶつかりやすい。マーケティングの究極の目的は販売を不要にすることと言われるように考え方がそもそも違う。しかし営業は絶対的に必要である。右から左に仕事を流すような営業は淘汰されるとしても顧客に提案し交渉し話をまとめてい…

民俗学的アプローチ

ある地方へ出張した。詳細を述べることはまだ出来ないが誰もが知っている民俗行事のお面を製作している方に会ってきた。あらゆる地方には独自の風習や行事が存在する。それぞれがどんな経緯で発生したのか、どんな歴史があるのか、どういう理由があるのかな…

最終課題の事業承継

トーキョー診断士協会のマスターコースももうすぐ終わりである。あっという間の一年間であった。マスターコースでは課題が出されるが今回が最後の課題でありテーマは「事業承継」だ。昨年、事業承継税制は大きく改正された。事業承継を円滑にするために10年…

資格ビジネス資格を丸飲みに

資格っちゅうもんは無数に存在する。資格勉強というものはある領域が体系化されているので効率の良いインプットにはなるとは思う。しかしそれを利用して必要以上に儲けている側が存在している場合は深追いしない方がよい。資格ビジネスと呼ばれているやつで…

知的資産と知的財産と知的財産権

ちょいと混同しやすい3つのワード。知的資産が一番意味としては広く知的資産に知的財産は含まれ知的財産の中に知的財産権がある。知的財産は発明、デザイン、また営業秘密やノウハウなども含めたもので知的財産を権利化したものが知的財産権で特許権、商標権…

新規事業開発課題を終えて

トーキョー診断士協会のマスターコースの新規事業開発の講義が終わった。焙煎珈琲販売店に対して新規事業の提案を行う課題であった。私は取り急ぎアイデア発想法を使い100個のネタを出した。そこまでネタを出した方はあまりいなかったようだがしかしそこから…

デザイナー様監修の伝統工芸

私は仕事でもう4年くらい全国の伝統工芸やもの作りメーカーを取材し回っているのだが一つ思うことがある。売れなくなった伝統工芸品を復活させるためか間口を広げるためかは色々な理由があると考えられるがデザイナーがプロデュースした新しいデザインの伝統…

セーセーした精神からブッツブツの物理へ

ダリセンセはフロイトセンセの精神分析学に影響を受け、それが作品に反映されている。そして時代が進むにつれ数学、物理学にも関心を持ち宗教と科学と芸術の融合を目指しているかのような作品をつくっていった。なるほど~ちゅうことでフロイトの著作と物理…

お隣の診断士協会の皆様と交流

他県の診断士協会の方と交流をしよう!ちゅうことでお隣の企業内診断士会の定例会と懇親会に企業内診断士研究会の一員として参加してみた。その県の診断士会は規模としては比較的大きい規模の診断士協会であるが驚いたことにここ2、3年で会員が倍増したそう…

中小企業会計セッミナー講師

所属診断士会主催、地元の信金さんと中小機構共済による中小企業会計セミナーの講師としてセミナーを行った。診断士講師デッビューでもある。経営力を強化する会計ということで会計の基本をお伝えする講義であった。会計というものはいかんせん内容が固いの…

上田城再建!​

天下人徳川家康を2度も撃退した「不落城」として知られる上田城が再建されるとのこと。真田昌幸、信繁(幸村)も喜んでいるに違いない。戦国時代、真田家は数々の強力な大名に囲まれながら策謀を巡らし苦難を乗り越えた。昨日言ったことと今日言ったことが18…

バイオレントなかかりつけ医、それヒューマンフライ

かかりつけ医はいるだろうか。いると何かと安心な存在である。中小企業診断士は企業のかかりつけ医的存在とも言われている。いわゆる企業のホームドクターである。もちろん他の士業もそうかもしれないが経営全般を網羅しているので診断士はかかりつけ医に最…

新規事業開発にダリ現る!

トーキョー診断士会のマスターコースもいよいよ終盤戦に突入した。受講しているマスターコースは中小企業診断士が関わる領域を全方位的に1年間かけて学ぶものだがその中で最も楽しみにしている新規事業開発を受講した。一枚の絵から講義は始まった。なんとそ…

オンライ~ン・コンサルティ~ングッ

今は家にいながら全世界の人と顔を見ながら話すことが可能な時代である。すなわち実際に会わずして課題解決を行うオンライン・コンサルティングも存在する。それが盛んになっているかどうかは知らないのだがすでに数多く存在していることは容易に想像がつく…

アンケート設計

「アンケート設計」ちゅうジャンルがあるらしい。世の中には色々なアンケートがある。アンケートがどのように構成されているかがそのアンケートの有効性を決める。しょうもないアンケートで回答者がやる気をなくしてしまい適当に答えるケースもあるだろう。…

コーチッ!カウンセラッ!コンサッルタントッ!

コーチングとカウンセリングとコンサルティングは違うらしい。考えたこともなかった。コーチングは目標達成のお手伝いであくまでクライアントが主役でクライアントが目標達成できるように支援していくこと。カウンセリングはどちらかというと安心や癒しをク…

勘違い・ザ・"企業内診断士"

"企業内診断士"というワードを勘違いされている方がいた。公的機関などからある企業に送り込まれた経営改善や経営革新を行う診断士のことだと勘違いされているようだった。"企業内診断士"は独立診断士の対義語であり中小企業診断士の資格を取得しているサラ…