サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

中小企業診断士

セーセーした精神からブッツブツの物理へ

ダリセンセはフロイトセンセの精神分析学に影響を受け、それが作品に反映されている。そして時代が進むにつれ数学、物理学にも関心を持ち宗教と科学と芸術の融合を目指しているかのような作品をつくっていった。なるほど~ちゅうことでフロイトの著作と物理…

お隣の診断士協会の皆様と交流

他県の診断士協会の方と交流をしよう!ちゅうことでお隣の企業内診断士会の定例会と懇親会に企業内診断士研究会の一員として参加してみた。その県の診断士会は規模としては比較的大きい規模の診断士協会であるが驚いたことにここ2、3年で会員が倍増したそう…

中小企業会計セッミナー講師

所属診断士会主催、地元の信金さんと中小機構共済による中小企業会計セミナーの講師としてセミナーを行った。診断士講師デッビューでもある。経営力を強化する会計ということで会計の基本をお伝えする講義であった。会計というものはいかんせん内容が固いの…

上田城再建!​

天下人徳川家康を2度も撃退した「不落城」として知られる上田城が再建されるとのこと。真田昌幸、信繁(幸村)も喜んでいるに違いない。戦国時代、真田家は数々の強力な大名に囲まれながら策謀を巡らし苦難を乗り越えた。昨日言ったことと今日言ったことが18…

バイオレントなかかりつけ医、それヒューマンフライ

かかりつけ医はいるだろうか。いると何かと安心な存在である。中小企業診断士は企業のかかりつけ医的存在とも言われている。いわゆる企業のホームドクターである。もちろん他の士業もそうかもしれないが経営全般を網羅しているので診断士はかかりつけ医に最…

新規事業開発にダリ現る!

トーキョー診断士会のマスターコースもいよいよ終盤戦に突入した。受講しているマスターコースは中小企業診断士が関わる領域を全方位的に1年間かけて学ぶものだがその中で最も楽しみにしている新規事業開発を受講した。一枚の絵から講義は始まった。なんとそ…

オンライ~ン・コンサルティ~ングッ

今は家にいながら全世界の人と顔を見ながら話すことが可能な時代である。すなわち実際に会わずして課題解決を行うオンライン・コンサルティングも存在する。それが盛んになっているかどうかは知らないのだがすでに数多く存在していることは容易に想像がつく…

アンケート設計

「アンケート設計」ちゅうジャンルがあるらしい。世の中には色々なアンケートがある。アンケートがどのように構成されているかがそのアンケートの有効性を決める。しょうもないアンケートで回答者がやる気をなくしてしまい適当に答えるケースもあるだろう。…

コーチッ!カウンセラッ!コンサッルタントッ!

コーチングとカウンセリングとコンサルティングは違うらしい。考えたこともなかった。コーチングは目標達成のお手伝いであくまでクライアントが主役でクライアントが目標達成できるように支援していくこと。カウンセリングはどちらかというと安心や癒しをク…

勘違い・ザ・"企業内診断士"

"企業内診断士"というワードを勘違いされている方がいた。公的機関などからある企業に送り込まれた経営改善や経営革新を行う診断士のことだと勘違いされているようだった。"企業内診断士"は独立診断士の対義語であり中小企業診断士の資格を取得しているサラ…

事業DDラモーン

トーキョー診断士会のマスターコースも後半戦の応用編に突入した。テーマは「事業再生」。急に課題のボリュームが増えて普段の業務と中小企業会計セミナー準備とマスターコースの課題とあっぷあっぷである。事業再生を行う時はまずDDを行う。Dee Dee Ramone…

中小企業会計セッミナー講師デッビュー!

中小機構が主催する中小企業会計セミナーを地元の信用金庫で開催することになった。地元の診断士会の企業内診断士研究会の事業として2回目であり、私にとって初の講師業である。勤務先からも許可をもらうことができた。「経営力を強化する会計」ということで…

「売上」と「技術力」

技術力の高さが強みであってもそれが売上にすんなり繋がらないのが経営(ビジネス)の面白いところだと思う。技術は進歩していかなければならないが、技術そのものが必要とされていない製品に使われていれば売上は立たない。いくら技術力が高くても同程度に…

情報収集術

仕事でも何でもそうであるが、下調べは大切である。中小企業診断士はそれこそ何でも屋であるのでありとあらゆる業種に携わることになる。こっちではマーケティング、そっちでは管理会計、やれあっちでは組織体制の構築など領域も限定されないのでインプット…

Be a Great Small. ​

中小企業基盤整備機構が1月より新しいロゴデザインになったようだ。http://www.smrj.go.jp/newvi/日刊工業新聞で広告も見た。キャッチコピーは「Be a Great Small」。ちょっとポップというか現代的な字体でキャッチコピーを含めイイと思う。こういうフォント…

GAISHIKEI

外資系で働く方々から興味深い話を聞いた。私が知らないだけでグローバル企業では当たり前のことなのかもしれないが経理業務は全てインドなどにアウトソーシングしているとのことだった。自社がやるべきことやらなくてもよいことを徹底的に洗い出してドラス…

実働月四日

先日お会いしたコンサルタントの先生は、実働月四日ですとおっしゃっていた。まさにティム・フェリスの週4時間だけ働くである。仕事がないだけ〜?なんておっしゃっていたがそれ以外の日はセミナーや勉強会に出たり、自分で研鑽を積むなどしているそうだ。36…

地域

先日、診断士の先生方と飲んだ時、ベテランの大大大先輩の先生達であるが商工会議所と商工会全部言えるか〜?とのやり取りがあった。全部スラスラと言えて当然とのことであった。地域を極めるとはそういうことかと思った。我が県であれば商工会議所であれば9…

日本文明・にほんうんめぇ〜

オモロイ話を聞いた。米国の政治学者のサミュエル・ハンティントン氏は「文明の衝突」という著書で現在の世界を8つの主要文明に分類したという。西洋文明、東方正教会文明、イスラム文明、ヒンドゥー文明、ラテンアメリカ文明、中華文明、アフリカ文明。そし…

チェーンジ・ザ・サブタイトォ~ルッ

このブロギのサブタイトルは「地方で生きる中小企業診断士の奮闘記」であった。その文言は間違ってはいない。しかし中小企業診断士の奮闘記と言っているのに私は現在、企業内診断士である。診断士活動はそこそこやっているかもしれないが中小企業診断士とし…

外部環境分析を具体的に

企業の経営診断を行うにあたっては外部環境を分析することが必須である。外部環境分析次第で、企業への提言が180度変化することも大いに考えられる。外部環境分析と言えばPEST分析を筆頭に、5フォース分析だ、SWOT分析だと中小企業診断士試験では学ぶことに…

法律家と診断士

地元診断士協会の研修会新年会に参加した。「事業承継と不動産」をテーマとした中小企業診断士で不動産鑑定士の先生の講義を拝聴した。法律の条文整理から事業承継に関して節税等の有効な施策は何かということが聴ける大変有意義な講義だった。いわゆる士業…

陛下からのお声がけ

企業診断ニュース2019年1月号が届いた。パラパラっとページをめくっていると思わず手を止めてしまうすごい記事があった。中小企業診断協会の福田前会長が園遊会のお招きを受けた時のエピソードである。前会長は雨が降っていたので傘をさしていたが陛下が近く…

キャッ!リ〜ア〜

なるほっどと思う話を聞いた。以前、ある有名企業の経営企画で重役をやられていた方から聞いたのだが、いわゆる一流のコンサル企業にいたという経歴はあまり当てにならないそうだ。マッキンゼー、ボストンコンサルティングなどビジネス書にも良く取り上げら…

STPマーケティングッとアートッ

「アート」をSTP分析で「マーケティング」的に考えてみる。STP分析のSはセグメンテーションで、市場を細分化し層を明確にすること。Tはターゲティングでどの層に売るかを選ぶこと。PはポジショニングでSとTで確定した前提から自分の立ち位置を決めることだ。…

アート・マーケティング

「アート・マーケティング」という言葉が浮かんだ。ササっと調べてみる。そういうタイトルの本があったり、ちらほらそれについて書かれた記事もあるが、まだ一般的な言葉ではないようだ。「アート」を「マーケティング」する。「ビジネス」に「アート」の要…

過去農業・現在小売業・未来工業

アケマシテオメデトウゴザイマス。ホンネンモカキチラシツヅケマス。未来工業という企業をご存知だろうか。未来は工業ということで過去は農業、現在は小売業ってのは冗談で岐阜県にある知る人ぞ知るすごい企業である。未来工業は他の企業とかなり異なってい…

TSUYOMI

「強み」とは何だろうか。例えば居酒屋であれば、料理の腕が良い、独自性がある、立地が良い、仕入れに強い、集客に強いなど色々あると思う。企業の競争優位の源泉を分析するVRIO分析をやればその点は明確にできる。Value(経済価値)Rarity(希少性)Inimit…

企業内診断士研究会ブログ書いてみた

企業内診断士研究会ブログを書いてみた。https://note.mu/ebisutakeshi/n/n667b06d1db84毎週2回ブログリレー形式で更新される予定だ。メンバーがそれぞれどんなことを書くのか楽しみである。おそらく都道府県単位での企業内診断士によるブログリレーは日本初…

老舗

トーキョーの診断士仲間がAI研究会と老舗研究会に入っていると言っていた。「AI」と「老舗」とは両極端な感じもするが、そこが診断士らしくていいなとも思う。「老舗」とはなんだろうか?厳密な定義はないようだ。創業100年以上の企業はなんと日本に10万社…