サルバドール・ヱビ

超現実珍談集

超現実珍談士

許容と解放

先日、珍談士飲み会であるお方にこんなことを言われた。マラソンで体を鍛えていて密かに尊敬している診断士の方である。「ゑびすさん、あのブログは文才というかどうしてああいう感じで書けるんすか?」と。闇を感じるというか何がどうしてこうなった!?と…

地方あるあるをクツガエセ

年内最後の企業内診断士研究会の定例会が開催された。我が県の診断士である方が経営する経営コンサルファームと言えば2社筆頭に名前が挙がるがその内の1社の先生がゲストスピーカーとしてお忙しい中、来てくださった。独立時のエピソードやコンサルファーム…

大井町の残像と独創未来図

企業を未来工業化する支援を行っている先生のセミナーを受講した。セミナー受講後、先生は個別で私の人生相談に乗ってくれた。セミナー後に人生相談もしてもらうのはかなりレアケースであると思う笑。ユニークで優しい先生であり貴重なアドバイスをいただい…

朝立ち昼立ち夕立ち夜立ち

「マジメなこと書いてんじゃない!」あるお方からお叱りを受けた。表題のタイトルで書けと。「朝立ち昼立ち夕立ち夜立ち」私は何を書けばいいのだろう笑。美女との○交の成功者、ミスターセ○クス氏が書くお題であり永遠のチェリーボーイ、サルバドール・ヱビ…

おぱぱ論争

巷では「おぱぱって何?」と論争が起きているようである。流行語大賞にノミネートされるのも最早時間の問題であろう。先日ある会合に参加したところそこそこの人数の前でヱビ氏におぱぱを語ってもらおうという流れになりそうだったので「これはマズイ」と思…

眼差しと6時間

トーキョーへ。ある会に参加した。構想を深化させるために。会場に6時間拘束の長丁場であった。最初の4時間は私にはあまり響かなかった。聞いたことがあることを聞いたからだ。遠くに見える窓越しの青い空を見たら不意に涙が出てきそうになった。ムスメの私…

即興音源即興解説~Neta2017 vol.3~

2017年の後半につくったネタ解説。量こそ質だMOTTO MOTTO! soundcloud.com 27 地獄の鐘が鳴るラテンっぽいドラミングに冷たいアルペジオ風ギターが乗る。地獄の鐘が鳴る直前の不穏さである。 28 Noisy Activitiesシンプルでゴリゴリなベースがミソ。途中で…

即興音源即興解説~Neta2017 vol.2~

2017年の即興ネタ解説第2弾。2年以上前のネタである。月日が過ぎるのはあっという間だ。 soundcloud.com 14 デタントデイカント緊張は緩和しないとっちゅうことでヒンヤリした温度感の小ネタ。緊張は継続し平行維持されたままだ。 15 赤い雪原窓を開けたら雪…

サルバドール・ヱビのデジタルツイン

サイバー空間にもう一人の自分を複製するという構想が進んでいるらしい。人は会話する時、言葉だけでコミュニケーションをとっていない。表情や仕草も重要である。自分の考えがばれないように視線をそらしてみたり相手の真意を見抜くために眼をじっと見たり…

アイリメンバージョニーラモーンガール

私はラモーンズのギタリスト故ジョニーラモーンを敬愛している。ギターソロを拒否したその潔さは私のカス作曲人生の道を切り開いてくれた。ジョニーが好き過ぎて私のテレキャスギターの名前はジョニーくんである。そしてジョニーラモーンのような髪型をして…

超一流の俗物の勝ちグセ

「勝ちグセをつけろ」テーンネイジャッの時に恩師が私にそう言った。どんなに些細な勝負事でも勝ちにこだわれと。その先に大きな勝利があるのだと。人生には勝負どきというものがある。肝心な時に負けてばかりいると人生全体が負け色に帯びてくるのは一つの…

即興音源即興解説~Neta2017 vol.1~

即興音ネタ解説最初からやってまえっちゅうことで2017年のネタから。 soundcloud.com 01 茶飯事SPECIAL OTHERSの芹さんにまた音楽やりなよ!と言われつくった。アフロビートを意識したが久々過ぎてリズムがズれまくりだ。音楽が茶飯事に戻ったのだ。02 LEAK…

即興音源即興解説~Neta2019 vol.3~

解説を4回やると1年分のネタは全部終わってしまう。そう考えると大してつくっていない。MOTTO MOTTOつくりたいものだ。 soundcloud.com 27 残骸に到達した光残骸にも光は到達している。残骸に反射した光が目に飛び込んできた。そんなイメージの音像。 28 突…

宿泊視察研修

所属診断士会の視察研修に参加した。会津若松で宿泊での研修だった。中小企業診断士珍談道中である。初日は酒蔵の視察をし翌日はレタスをつくる植物工場を視察した。その植物工場は普通のレタスをつくってはいない。腎臓の機能に障害を持った方でも食べられ…

即興音源即興解説~Neta2019 vol.2~

即興音ネタ即興解説第2弾。今年つくった14~26番目のネタを。 soundcloud.com 14 穏やかな狂気ベースが一人でキレているのを横目にひんやりして幽玄なリフをギターが冷静に弾いている感じ。曲にするには難しいか。 15 I Hear Your Voices Echoingキラキラし…

眼鏡をかけたまま顔を洗う

私はたまに眼鏡をかけたまま顔を洗ってしまうことがある。さーてさて顔でも洗うかーとじゃぶじゃぶやるとわげえっ!となるのである。これは眼鏡をかけてる人のあるあるなんだろうか。クルマのエンジンをつけたままカギをかけようとしてあれっ?あれっ?とな…

梅干し飲みたい僕は今すぐ君と

髪は伸び過ぎた。朝闇と凍てつく空気は私を感傷的にさせる。また私は空港へ向かわねばならないのだ。ココロが引き裂かれそうになり仙台藩主草野マサムネ公の秀逸な詞「梅干し食べたい僕は今すぐ君に会いたい」が脳裏をよぎった。しかしダダイストでもある私…

MY NAME IS PARDON?

"MY NAME IS PARDON?"という短編集を5年前に電子書籍で世に出した。現実にありそうでないような、現実にないようでありそうな。どうでもいいようで本質をついているかのような。狂気、矛盾、不安、絶望、希望、愛が入り混じる短編集15作ちゅうわけで超現実…

即興音源即興解説~Neta2019 vol.1~

毎週制作している即興音ネタを即興評価し次の打ち手を考えてみる。手始めに今年最初のネタから13個を。 soundcloud.com 01 足を洗い、手を汚す足を洗えば手が汚れる。全体的にねちっこく攻める音像。02 Obscure But Influential 今年のネタではかなりのお気…

執筆と公開のズレ

知る人ぞ知る事実であるがこの超現実珍談集サルバドール・ヱビは執筆日と公開日がかなりズレている。バチバチ打ってハイ公開!ではないのだ。複数本記事がストックされており順に公開されているのである。つまり私にとっては一週間以上前の己の戯言でありオ…

年内最後のリジリドゥミーティング

所属中小企業診断士会の年内最後の理事会に出席した。今回はあるホテルへと向かった。こんな鼻垂れ小僧の私が中小企業診断士協会の理事になってどうするんやと思いつつも理事を拝命して半年くらい経過しただろうか。他の理事の先生方は全員独立診断士である…

逆噴射

帰路の夜の航空機。右の窓を見るとたった一つの満月が見える。左の窓を見ると数百万の都市の光が見える。こんな風景が見えるシチュヱーションで産まれながらの超現実的詩人にとって脳内で詩を書くことはいとも簡単なことであるが同時に産まれながらのダダイ…

ミスターセンクスの斜め後ろに座った美女

サルバドール・ヱビとミスターセンクス氏は飛行機に乗った。センクス氏は前のB席に私はその後ろのB席に座った。センクス氏の両隣の席は空いていた。満席だったのでこれから彼の両隣に人が来るはずである。私は美女専門家であるセンクス氏にこう言った。「美…

遺伝子にロックンロールを

四国へ出張した。咳が止まらず鼻水も止まらず悪寒がする中でビジネスホテルのベッドに私は倒れ込んだ。まさに死国である。途中目が覚めてしまい暗闇の中気を紛らわせるためにスマポを開いた。興味深い記事があった。「利己的な遺伝子」という著名な本がある…

サルバドール・ヱビ

このブログのタイトルは「サルバドール・エビ」である。副題は当初のものから2回変わり現在は「超現実珍談集」となっている。タイトルである「サルバドール・エビ」を「サルバドール・ヱビ」に変更しようか迷っている自分がいる。なぜそのように変更したいか…

DEAI DE AI

出会いでAI。アカペラインプロビゼーションでこれを論じよう。テクノロジーによってセックスはインスタントラーメン化した。「運命」というものは引きちぎられ無残に道に転がっているのだ。クルマを走らせよう。運命という惨殺死体がそこら中に転がっている…

私と人間存在という縁

縁というものは存在すると思う。科学信奉者の耳元で囁こう。直感がものをいう。縁がないのであれば何があってもダメなのだ。諦めたまえ。縁がある場合は何があっても問題をすり抜ける。体の力を抜いた状態と言うのだろうか。流れに抵抗せずまるで諦めの境地…

副業珍談士最前線情報

私は企業内診断士であり勤務先から許可を得て診断士活動をしている。それすなわち流行の?副業診断士である。もちろん本業が最優先であるので副業をする場合は有給休暇と休日を使う。それと私は朝型であるので平日の朝を使う。その他に私はHOGO者会カイチョ…

マスターコスー20周年記念パーテッ

昨年度受講した東京診断士協会のマスターコースが20周年を迎えたとのことで20周年記念パーチーに参加した。中小企業診断士が関わる全領域を幅広く学ぶマスターコースであり独立診断士も企業内診断士も色々な人がいる。年齢層も幅広い。約80人近い診断士が集…

聴覚化する脳

アコースティックな楽器ちゅうもんは触ったことはあるものの弾き鳴らしたことはほぼないのでワイッフがアコギを持っているちゅうので引っぱり出してきてもらい弦を張り替えた。電気がなくても放屁は出来る!っちゅうわけでアコギもちょいと弾いてみようかと…