サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

芸術

超現実と音楽

超現実主義(シュルレアリスム)と音楽の関係はどうなのだろうとふと思った。ちょっと調べてみたところ、音楽に関しては超現実主義で盛り上がることはなかったようだ。自動記述(オートマティスム)と即興演奏(インプロビゼーション)は一見親和性がありそ…

独創は伝統に依拠する

「ダリとの対話」という古書を読んだ。フランスの詩人・作家・評論家であるアラン・ボスケとの対話集である。対話の中でダリが「なにか独創的なものをもたらしてくれるのは伝統だけなのだ」「反抗に価値があったのは、伝統を若返らせたでしかないことに気づ…

チェーンジ・ザ・サブタイトォ~ルッ

このブロギのサブタイトルは「地方で生きる中小企業診断士の奮闘記」であった。その文言は間違ってはいない。しかし中小企業診断士の奮闘記と言っているのに私は現在、企業内診断士である。診断士活動はそこそこやっているかもしれないが中小企業診断士とし…

ダダをこねこねダダイズム

ダダイズムとは第一次世界大戦後にスイスで起こり世界に広がった反芸術運動だ。秩序、伝統、常識などを破壊、否定する思想が根底にある。超現実主義であるシュルレアリスムはダダイズムから派生して出てきたものだ。創始者であるアンドレ・ブルトンはダダの…

裏表紙だけでヤられる

サルバドール・ダリにハマり、彼の著書「天才の日記」を読み終えたところダリ中毒になってしまったので「ダリの告白できない告白」という著書をポチっとゲットしてみた。ダリについて書かれた本ではなく、彼自身の著書が読みたいのだ。1976年の古書である。…

ツイスティン・ダリ現る

妻が誕生日プレゼントとしてダリのDVDを頼んでくれた。それが届いたので興奮しながら開けたところ、「オリバー・ツイスト」というDVDが入っていた。一瞬コレがいわゆる「超現実」かと思ったが、冷静になり、送り先に電話をしてみた。間違いであり在庫がない…

STPマーケティングッとアートッ

「アート」をSTP分析で「マーケティング」的に考えてみる。STP分析のSはセグメンテーションで、市場を細分化し層を明確にすること。Tはターゲティングでどの層に売るかを選ぶこと。PはポジショニングでSとTで確定した前提から自分の立ち位置を決めることだ。…

アート・マーケティング

「アート・マーケティング」という言葉が浮かんだ。ササっと調べてみる。そういうタイトルの本があったり、ちらほらそれについて書かれた記事もあるが、まだ一般的な言葉ではないようだ。「アート」を「マーケティング」する。「ビジネス」に「アート」の要…

放屁芸術

ダリセンセの「天才の日記」には附録として「放屁の術、または陰険な大砲に関する概論」という論文のようなものが掲載されている。著者は「トランペット伯爵」となっており、放屁に関する考察が長々と書かれている笑。ダリが愛読していたものとされているが…

クリエイティブ地獄

どこもかしこもクリエイティブ。クリエイティブ地獄。クリエイティブとはなんぞや。書籍を読み漁る。クリエイティブな書籍読み漁る。書籍自体がクリエイティブ。堂々めぐり。左にあるものを右に動かす。1と1を足して2にする。それ以外はクリエイティブ。…

全画集の威力

ダリ先生の全画集をゲットしてみた。ノリでタイトルをサルバドール・エビとつけただけであったのに、その世界に引きずり込まれてしまったようだ。ダリ先生の魅力は一言で語れないが、アカデミックかつアバンギャルドな点が魔力を倍増させていると思う。英語…

「日記」の魔力

ダリの「天才の日記」という著書を読んでいる。英題は"Diary Of A Genius"だ。そのままやんけ笑。47年前の1971年出版の著書なので、古書をゲットした。実にいい。なんせダリが60歳で出版したタイトルが「天才の日記」である笑。脚色というか編集はあるにせよ…

民芸品と工芸品

民芸品工房を取材した。「民芸品」と「工芸品」の違いはなんだろうか。民芸品とは単純に説明すると「日常的に使われる工芸品のこと」らしい。つまり民芸品は工芸品である。「工芸品」を調べてみると、「実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさ…

芸術作品と企業製品

芸術作品と企業製品。その違いはなんだろう。企業製品に対して「もはやアートだねえ」なんて言うセリフを聞くことはよくあることだ。芸術作品に対して「もはや製品だねえ」と言うことはあまりない。芸術作品と企業製品の異なる点と言えば、「実用性」がそこ…

芸術と科学と宗教と経営の融合

以前、知人に薦められてビジネスには美意識が求められているという内容の本を読んだ。今ダリ本を呼んでいる。若かりし頃、ダリはフロイトの精神分析学に傾倒していたが、ダリは戦後、科学に興味を持ち、それを作品に取り入れるようになった。日本への原爆投…

ダリとブルトンの決別

シュルレアリスト・グループをけん引したサルバドール・ダリとアンドレ・ブルトンは、なぜ決別したのか。ダリはシュルレアリスト・グループからなぜ追放されたのか。その理由の一つとして、ダリがファシズムからのインスピレーションを隠すことなく作品に反…

シュルレアリスム宣言を読んで

なんとなく語呂が面白くてブログ・タイトルを「サルバドール・エビ」にしたわけだが、サルバドールと言えばダリさん、ダリさんと言えばシュルレアリスムなのでシュルレアリスムを知らないわけにはいかないだろうと思い、その創始者であるアンドレ・ブルトン…

診断士川柳か~ら~の~

中小企業診断士川柳ちゅうもんがあるらしい。「中小企業診断士の日」のイベントである中小企業経営診断シンポジウムで結果発表を毎年しているらしい。先日プロコン診断士の先生で診断士川柳に入賞された方にお会いして、その存在を知った。http://www.t-smec…

ド・ドラ・ドラミ・ドラミン・ドラミング!​

ミニマル・ミュージックの巨匠スティーヴ・ライヒ。Electric Counterpointというアルバムは好きで良く聴くアルバムだ。ミニマル・ミュージックというのは音を反復させてつくりあげる音楽だ。最小限の音でも反復することで無限の広がりをつくることが出来るこ…

超現実とは

「超現実」とは空想の世界ではない。「非現実」とも違う。勘違いしている人が多いらしい。「超現実」とは現実世界の決まり、ルール、常識、固定観念、礼儀など現実を縛りつけるものを一切取り払い、つまりそれを超越した「現実」のことを指す。「過剰過ぎる…

ブライアマンダリという結びつかぬ関係

ローリング・ストーンズの創始者であるブライアン・ジョーンズ。ミック・ジャガーとキース・リチャーズのソングライティングの才能が開花するにつれバンドの方向性が変わり、自分の居場所がなくなり実質解雇という形でバンドを脱退した。そして1ヶ月も経たぬ…

表現の時代

前回、noteというサービスのことを書いたが、今はやる気になれば自分が表現したものを瞬時に全世界に公開出来るようになった。しかもnoteは課金出来るので、収益を産み出すことも可能になっている。人間の表現自体は人生を豊かにすればいいのであって収益活…

即興

「即興」とは何ぞや。「その場の興味にしたがって即座に形のあることを行う行為」を言うようだ。即興曲、即興詩、即興劇。色々な芸術で即興は行われる。自動記述も即興の一つと言っていいかもしれない。即興ブログも存在したっていいと思う。即興を永遠に続…

超現実を現実化する

サルバドール・ダリの有名な作品、「記憶の固執」に描かれている柔らかい時計。時計がぐにゃっとなっていて溶ける時計とも呼ばれる。キッチンでカマンベールチーズが溶けていくのを見てインスピレーションを受けたらしい。この柔らかい時計がグッズとして売…

ラモーンズと芸術と経営と

泣く子も黙るラモーンズ。みんな大好きラモーンズ。The Ramonesは芸術的であり経営的だ。爆発しちゃってる。ニューヨーク発の最重要パンクバンドの一つ。ロンドンパンクムーブメントに留まらず、世界的に大きな影響を与えたバンドである。何が芸術的で経営的…

芸術と経営の四元論的アプローチ

物事を二つに分ける二元論ではなく四元論的アプローチをするとどうだろうかと書いたことがあるが、芸術と経営を四元論的にアプローチしてみる。「芸術」「経営」「芸術でも経営でもあるもの」「芸術でも経営でもないもの」上記の四つに分類することが出来る…

定義の難しい芸術と経営

「芸術」と「経営」。どちらの言葉も定義が難しい。かなり広い解釈が出来る言葉だ。どちらもきちんと説明しようとすれば、一冊の本が出来てしまうだろう。何かを取り上げて、「これは芸術」「これは経営(に関すること)」と帰納的なアプローチで迫る方が理…

芸術と経営の情熱と創造性

音楽を聴き、絵画を見、小説を読む。芸術がなかったとしたら人生はとんでもなく味気ないものになる。芸術は人生観を変えたり、人生そのものを変えてしまうこともある。高尚なものでなくてもいい。どちらかというと、衝動的な表現が好きだ。不思議なもので、…

絵本作家

本業で伝統工芸の職人さんやメーカーを取材する仕事をかれこれ3年以上続けている。通常はものづくりに携わる方々だが、ちょっとしたきっかけで絵本作家さんを取材する機会があった。200本以上1つの引き出しに色鉛筆がおそらく入っている5段くらいの透明な箱…

意識高い系からの潜在意識不明系

「意識高い系」という言葉が数年前に流行った。意識が高いの反対は意識が低いである。世の中には「意識低い系」もいることになる。これからは美意識が重要になるらしい。美意識高い系もいるだろう。その反対に美意識低い系もいる。意識の対義語は「無意識」…