サルバドール・エビ

超現実珍談集

自己紹介

内省からのモロ出し人生理念

休みの日は家で遅くまで寝ているとか家族を放っておいてギャンブルに行くとかそういうことは個人の自由だが私にとっては絶対にありえない行為である。本業がオフの日に将来に向けた別の活動で家を離れなければいけないことがある。そんな日が多くなりつつあ…

ストファイTOP10

すっかりツボってしまったスットレングスファインダーッであるが34個の資質の内、TOP10までが自分の上位資質と規定されている。この資質を強化しこの資質に向いているものに取り組むべきらしい。パレート的に考えると34個の2割は約7個なのでTOP10が自分の8割…

ウィークネスッ・ファインダーッ!

先日、企業内診断士研究会の懇親会の時ストレングス・ファインダーの話になった。結構皆さんやっている方も多く会社が導入しているところもあるそうでその中で自分の強みTOP5だけでなく資質34全ての順位を開示している方がいた。34個全て開けると自分の強み…

スットレングシュ・ファインダーッ!

ストレングス・ファインダーちゅうもんをご存じだろうか。いわゆる診断テストで177問の質問に答えると34の資質の内、自分の強みである資質が何かを教えてくれるもんである。その話が現実世界の色々な所で議論されていて気になりやってみた。ストレングス・フ…

超現実珍談集

このブロギのサブタイトリをチョと前に変更した。中小企業診断士の超現実診断士への挑戦から「超現実珍談集」に変更した。地方で生きる中小企業診断士の奮闘記から中小企業診断士の超現実診断士への挑戦を経て「超現実珍談集」の流れとなる。診断士の協会の…

感電した思い出の偏執狂的解釈

私はガキの頃、感電したことがある。ぼやけた昼下がりだったか記憶が曖昧だがとにかく大人は全員眠っていた。私は1円玉を握りしめていた。その1円玉をなぜかコンセントの穴にホジホジ突っ込んでいたのだ。なんでそんなことをやったのだろう。何かに導かれて…

クロスドミナンスでやんす

右利き、左利き、両利きの他にクロスドミナンス(交差利き)という分け方があるらしい。箸は左手、筆記は右手などドミナンスとは支配、優越、優勢という意味で、用途によって利き手のドミナンスが違い、クロス(交差)しているということだろう。私は箸、マ…

自己紹介

私は地方在住の30代である。「経営」や「スモールビジネス」に興味があったが、右も左も分からないので、まず経営全般の知識を習得出来ると言われる中小企業診断士を取得することにした。独学であったが、平成28年度中小企業診断士試験に何とか一発合格する…