サルバドール・エビ

地方で生きる中小企業診断士の奮闘記

自動記述12

すーっと入って来て、さーっと流れて来て、ぱーっとやってみて、そうそうそれでいいのです。図面をひっくり返して、こぼれてきた水を顔で受け止めればいいのです。寒くなんかない。氷は凍りたくて凍ってるのではない!怒りの鉄拳をみじん切りにして味噌汁の…

ニュ~・ツ~リズム・メイキン!パート2

勝手にニュ〜・ツ〜リズムを考えるということで第2弾をぶちまけてみる。4、「秘境駅ツーリズム」その駅を使う人がほぼいないと言われる秘境駅を巡りまくるツアー。マニアはツアーなど関係なくひっそり行きたいか?5、「廃墟ツーリズム」廃墟マニアという…

ニュ~・ツ~リズム・メイキン!パート1 ​

ニュ~・ツ~リズムには夢と可能性を感じるということで勝手にニュ~・ツ~リズムを考えてみた。診断士たる者出し惜しみしない!かは分からないが笑、ここで吐き出してしまおう。旅行企画の方がもし見ていたらアイデアをパクっていただけたら幸いだ。すでに…

ニュ~ツ~リズム~

地元の診断士の先生からグリーン・ツーリズムの体験モニターを募集している旨の連絡をいただいた。滞在型農業民泊(農泊)ということで、そばの実脱穀体験やそば打ち体験を行い、農家に泊まるのだそうだ。日本人のみならず外国人も日本の田園風景や農業体験…

自動記述11

夜は夜でも朝に近い夜。酒は酒でも水に近い酒。届けることが仕事です。届けないことは怠慢です。怠慢の海に溺れている魚みたいにスイスイと泳げたらいいのに。川が引き裂かれるのを楽しみにしている子どもたちのように何の悪びれもなく生きているかのような…

自動記述10

アブラカタブラ油まみれ。ガソリンのリンゴが好物のコンセプトがないコンサート。インド人と中国人がラテン語を喋ってる。日本人とフン族が東北弁を喋ってる。トレイの中は億万長者。うじゃうじゃ歩くおじさんの総資産はマグマの中へキレイキレイ。テカテカ…

国際工作機械見本市

業務で国際工作機械見本市に出展した。2年に1度の大展示会だが、なんだかんだでもう4回目となる。展示会はプロモーション活動として、新製品、新技術等を知ってもらうことが重要だが、そもそもの存在を知ってもらうことも重要だ。そのためにはただ製品を並べ…

診断士手帳

診断士手帳ちゅうもんが届いた。中小企業診断士協会に入会すると、毎年もらえるものらしい。結構シンプルだ。何でもかんでもメモする手帳というよりは、スケジュール帳として使う感じかもしれない。後ろには中小企業診断士倫理規程等も掲載されている。倫理…

表現の時代

前回、noteというサービスのことを書いたが、今はやる気になれば自分が表現したものを瞬時に全世界に公開出来るようになった。しかもnoteは課金出来るので、収益を産み出すことも可能になっている。人間の表現自体は人生を豊かにすればいいのであって収益活…

企業内診断士研究会ブログお引越し

仮で立ち上げた企業内診断士研究会ブログは某ブログサービスからnoteというサービスへ移行することになった。理由は共同執筆ブログを実施するにあたって某ブログサービスでは後で執筆者ブログ別にまとめて見ることが出来ないからだ。某ブログサービスドンマ…

自動記述9

うやむやになった曖昧な事件の裏側でよろよろと歩く男のひらめきが街を変えることになる。呼吸が止まり、呼吸が始まる。そのちょうど真ん中でひらめきが待ちくたびれて眠りにつこうとしている。テクノロジーとアートって何?と聞かれてそのハザマのことを50…

アイデアの3A

以前、「アイデアの3B」として良いアイデアが生まれる場所は、Bus、Bed、Bathでバス(移動中)、ベッド、お風呂の3つということを書いた。う~む。いっそのことアイデアの3Aから3Zまでつくってしまえばいいではないか。言ったもん勝ち的な類のアレだろう。ち…

質を上げる

質を上げるには、3つのアプローチが考えられる。1つ目は情報をインプットすること。2つ目は課題に時間をかけること。3つ目は量をこなすこと。しかし、この3つのアプローチのどれかに極端に振れてしまうと質を上げることが難しくなる。インプットばかりではた…

マーケティングとマーチャンダイジングの違い

マーケティングやらマーチャンダイジングやらカタカナややこしいわと思ってる人も多いと思う。簡単に言うとマーチャンダイジングはマーケティングの一分野である。マーケティングの方が範囲は広い。マーチャンダイジングは小売業のような流通業者が商品構成…

経済制裁からの「制裁発想法」

経済制裁の結果、飢餓などが発生し亡くなる人が出てしまうのは悲劇以外何物でもない。一方で経済制裁によって手に入らなくなった物資に代替するものを発明しようという動きになり、技術革新が起きることもあるようだ。ドイツは第一次世界大戦時にイギリスか…

クレイジーな企業名

「クレイジーコンサルティング」という企業名の存在に触発されていくつか刺激的なネーミングを考えてみた。「株式会社発狂」「株式会社無法地帯」「オフィスMADMAN」「俺の俺による俺のための株式会社」「粉飾コンサルティング」「オフィスハイリスクノーリ…

クレイジーコンサルティング​

「クレイジーコンサルティング」というコトバが浮かんだ。検索をかけてみる。なんと「合同会社クレイジーコンサルティング」という会社がすでに存在しているようだ。http://crazyconsulting.strikingly.com/酒井さんという人が代表で中小企業診断士でもある…

超現実在住Mr.シュ~ルからの回答1 ​

思考実験「私を食べてと豚に言われたらその肉を食べるか?」超現実在住Mr.シュ~ルからの回答豚野郎をおいしくいただく。豚野郎は肉となってからもお喋りなやつで、食われる直前まで喋り続けていた。味は確かに豚で美味かったが、腹の中からなんだか聞いたこ…

思考実験からのMr.シュ~ル登場

知人が「100の思考実験」という本を貸してくれた。身体と脳、自意識、生命倫理、言語、宗教、芸術、環境、格差など簡単に答えの出ない100の難問が読者に次々と提示される本らしい。例えば、「私を食べてと豚に言われたら、その肉を食べるか?」という問いが…

中小企業診断士第2次試験の勉強法に関して

中小企業診断士の第2次試験は正答が発表されない独特な試験だ。正答がある試験は論理的に解答を導くことが出来る。しかし正答が発表されないので何を答えていいかわからない。そこで参考になるのが、「ふぞろいな合格答案」という参考書だ。この参考書は過去…

トーチャン・カーチャン・マーチャンダイザー!

マスターコースの顧客管理・店舗管理の事例演習の課題を進めている。老舗総合衣料店の事例だ。販売実績データをもとにデシル分析を行い、最重要顧客を明らかにしてからショップコンセプトを決めて、フロアレイアウトを考え直し、インストアプロモーションを…

中小企業診断士試験再現答案採点サービスの結果

私は中小企業診断士第2次試験の再現答案(平成28年度)を2社に送って無料採点をしてもらった。その結果は事例Ⅰ(組織・人事)事例Ⅱ(マーケティング・流通)事例Ⅲ(生産・技術)事例Ⅳ(財務・会計)の順に下記であった。某大手予備校無料採点サービスⅠ/Ⅱ/Ⅲ/Ⅳ…

中小企業診断士第2次試験再現答案に関して

去る日曜日、平成最後の中小企業診断士第2次試験が実施されたようだ。受験された皆様は5時間20分の死闘でヘトヘトになっていることと思われる。もう何もしたくないと思っている方も多いと思われるが、第2次試験は記述式なので、忘れてしまう前に再現答案をつ…

アドリビゼーション/インプロドリブ​

インプロビゼーションとアドリブ。どちらも音楽での即興のことを言うが、違いはあるのだろうか?同じという人もいるが、その違いはインプロビゼーションは、ゼロから即興すること。アドリブは規定のフォーマットがあってその中で即興することのようだ。ジャ…

即興

「即興」とは何ぞや。「その場の興味にしたがって即座に形のあることを行う行為」を言うようだ。即興曲、即興詩、即興劇。色々な芸術で即興は行われる。自動記述も即興の一つと言っていいかもしれない。即興ブログも存在したっていいと思う。即興を永遠に続…

国歌

我が国の国歌である「君が代」は諸説はあるが世界一短い国歌であるらしい。歌詞は平安初期の古今和歌集にも書かれているようだ。君が代を聴くと涙が出そうになるのは私だけだろうか。ミニマリズムの先にあるわびさびを感じさせる旋律と歌詞。そしてテンポ。…

日本人と宗教

日本人は無信仰で無宗教と答える人が多い。日本に住んでいると全く感じることがないが、日本人の宗教観は独特であると言われている。正月には神社に参拝し、結婚式を教会で行い、葬儀はお坊さんに読経してもらう。外国人から見るとかなりわけがわからないら…

超現実を現実化する

サルバドール・ダリの有名な作品、「記憶の固執」に描かれている柔らかい時計。時計がぐにゃっとなっていて溶ける時計とも呼ばれる。キッチンでカマンベールチーズが溶けていくのを見てインスピレーションを受けたらしい。この柔らかい時計がグッズとして売…

自動記述8

燃えていく。燃えていく。後ずさりするくらい燃えている。前かがみになって泣いている。それでも時は過ぎ去っていく。これでもかというくらい打ちのめされる。隣人を信じられなくなる。家の中に閉じこもる。あなた以外は信じられない。それだけでいいと世界…

今日も企業で作業、士業で創業

今日も企業で作業、それが私の稼業~♪そんなら士業で創業~♪世の中には士業っちゅうもんがある。サムライギョーとも呼ばれている。弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、不動産鑑定士、行政書士、弁理士、司法書士、土地家屋調査士、一級建築士など…