サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

偏執狂的たれっ!

偏執狂(へんしゅうきょう)とはパラノイア、妄想症とも言われる。一つの事に異常に執着し、病的な態度を示す人をそう呼ぶ。モノマニア(monomania)であり単一の思考に没頭している人である。一方で偏執病(症)というのは「私は次期天皇である!」とか「誰…

偏執狂的批判的方法をわかりやすく

ダリセンセは自分の創作活動の方法を「偏執狂的批判的方法」と呼んでいた。センセの定義によれば「精神錯乱的な連想と解釈の批判的かつ体系的な客観化に基づく非合理な認識の自然発生的方法」とのことらしい。これを読むだけではん??となる人が多いだろう…

セーセーした精神からブッツブツの物理へ

ダリセンセはフロイトセンセの精神分析学に影響を受け、それが作品に反映されている。そして時代が進むにつれ数学、物理学にも関心を持ち宗教と科学と芸術の融合を目指しているかのような作品をつくっていった。なるほど~ちゅうことでフロイトの著作と物理…

俯瞰的直感

「直感」ちゅうもんがある。直感はまだ科学的に解明されていないと思う。「科学的に解明」されたからどうだということもない。科学への妄信も危険である。ともかく直感ちゅうもんは存在する。歳を取ると直感が冴えてくる気もしている。それは「経験」に拠る…

ファッッショョン・イズ・ノッット・アートッ

どうでもいい話と言えばどうでもいい話。個人的な直感というか感覚としてファッションというものは芸術でないとずっと思っていた。ファッションはアートでないと。音楽や絵画はアートだと思う。その理由ははっきりしない。感覚的なものだ。ファッションに無…

お隣の診断士協会の皆様と交流

他県の診断士協会の方と交流をしよう!ちゅうことでお隣の企業内診断士会の定例会と懇親会に企業内診断士研究会の一員として参加してみた。その県の診断士会は規模としては比較的大きい規模の診断士協会であるが驚いたことにここ2、3年で会員が倍増したそう…

創作作家のジレンマ

世の中には創作作家と呼ばれる方がいる。創作作家さんにはあるジレンマが存在する。「同じものはなるべくつくりたくない」というジレンマである。創作作家さんは新しいものを創ることに喜びを感じているのでなるべく自分の頭の中にあり着手できていないもの…

シンコー・ディスク・ガイド・シリーズ ​

音楽っちゅうものはジャンルっちゅうもんがある。なぜ特定のジャンルだけが私をつっついてくるのか。私をかき乱し錯乱させ発狂させ覚醒させるのか。永遠の謎である。この世には聴き切れない音源が存在する。あるジャンルの音楽をどこまでも深掘りしたい時オ…

社会性というふりかけ

ある企業を視察した時のこと社長さんが自らの経営理念やこれまでの自社の歴史を語ってくれたのだがその時に「社会性というふりかけ」をかけるとおっしゃっていた。この企業のことを具体例としてあげるとかなり特殊なことをやっているのですぐわかってしまう…

黒人の画家

「黒人の画家」。ふとその言葉が頭をよぎった。黒人の画家をご存じだろうか。学校教育レベルのことしか私は知らないので恥ずかしながら黒人の画家と言えば誰と浮かばなかった。黒人の画家が浮かばない理由は幾つか考えられる。有名な人が少ない?学校教育の…

ちゅうわけでエッセンスだけくれ

あらゆる分野には独占業務が存在する。医療行為は医師にしかできない。会計監査は公認会計士、税務は税理士が行う。いわゆる国家資格があり法によりその独占が認められている。なぜ業務を独占するのかと言えばそのサービス等を受ける側のために質を担保すべ…

過去の自動記述に表題を与える

3メートルの虎三日月と満月の夜が同時にやって来たコードレスのデバイスブロッコリー・アスパラガス・ハウス宴もなわたけでございますシャキッとリセットおいしいスコーンストーリーがないというストーリー記憶の存在意義ワールドソイソースツアーテキーラ片…

夢のまた夢の股の夢

夢のまた夢の股の夢。股から想起される複雑な感情を思い思いに身の丈に合った言葉選びで慎重にそのまま脳から変換してカルタに書いて並べたら思いのほか喜怒哀楽に直結した遊びの出来あがり。のどぼとけから直接魚の骨を取り出して形を再構成してみる。内臓…

芸術家に対して創造性支援をする

ふと頭に浮かんだ。芸術家に対して創造性支援をするのはどうだろうかと。芸術家に対してその創造性をさらに発揮してもらうようにコンサルするのである。その才能が枯渇したか何かでスランプに陥っている芸術家もいるだろう。アイデア発想法を全く知らない芸…

A Dali Primerちゅうダリ読本

ダリのファンであり友人であるモース夫妻。彼らのダリコレクションを展示するためにフロリダのダリミュージアムは設立された。いつか行ってみたいところである。モース夫妻は"A Dali Primer"ダリ読本という本を出版している。日本語版はないようだがこのダリ…

新元号

新元号が4/1に発表される。大化から平成を経て新元号へ。新たな時代の始まりである。新元号予想が盛んに行われている。世間で予想されているものは候補から省くらしいので新元号ランキングにエントリーされているものにはならないだろう。これだけネット社会…

公務員の副業は解禁されるのか

公務員は原則副業ができない。例外はあるとして営利を目的とした活動は制限されている。昨今騒がれている「働き方改革」であるが民間から先に副業は解禁されていくだろう。公務員は多くの情報にアクセスできるためもし営利活動が解禁されると市場に影響を与…

フォースをかけられた

ちょっと久しぶりにテスニーラントに行ってみた。純粋に大人も子供も楽しめる場所であるがブランディングやマーケティングやアイデアなど多くのことを学べる場所でもある。リニューアルされたスターツアーズに行った。STAR WARSのアトラクションであるが昔は…

自動記述25

過去の逆再生が始まるぞ!未来は過去の逆再生になるぞ!そう脅された精神病を患う現代人に現在の永遠循環とどっちを取るかを選ばせる神秘主義者の専攻は物理化学であり法医学である。サンダルを履いて砂漠を走るガッツある男の誇りは必ず走る先にオアシスが…

中小企業会計セッミナー講師

所属診断士会主催、地元の信金さんと中小機構共済による中小企業会計セミナーの講師としてセミナーを行った。診断士講師デッビューでもある。経営力を強化する会計ということで会計の基本をお伝えする講義であった。会計というものはいかんせん内容が固いの…

上田城再建!​

天下人徳川家康を2度も撃退した「不落城」として知られる上田城が再建されるとのこと。真田昌幸、信繁(幸村)も喜んでいるに違いない。戦国時代、真田家は数々の強力な大名に囲まれながら策謀を巡らし苦難を乗り越えた。昨日言ったことと今日言ったことが18…

天才、秀才、凡才

知人が天才、秀才、凡才なんとかという本を読んでいると教えてくれた。今流行っているらしい。私はその本を読む時間がないが天才、秀才、凡才について少し考んがえてみよう。私は凡才である。歴史を振り返ってみよう。数々の偉人がいる。その人達より私は勝…

身体をマシュマロトランポリンへ

身体には五感が存在する。見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触れるの五つだ。すなわち目・耳・鼻・口・皮膚である。五感を超えるとされる第六感、音に色を感じたり形に味を感じる共感覚というものも存在するが身体の感覚を使ってでしか世界は認識できない。世界を…

自動記述24

寒気が流れ込んで服が凍る。暖気も流れ込んで服が溶ける。乾燥が進み咳が止まらなくなるので滝に打たれようと決意した狂気の男は向かう途中チーズの湖を発見してワインをぶちまけて転がりまわっている。ノートを開くと白紙のページに自動記述が書き込まれて…

バイオレントなかかりつけ医、それヒューマンフライ

かかりつけ医はいるだろうか。いると何かと安心な存在である。中小企業診断士は企業のかかりつけ医的存在とも言われている。いわゆる企業のホームドクターである。もちろん他の士業もそうかもしれないが経営全般を網羅しているので診断士はかかりつけ医に最…

新規事業開発にダリ現る!

トーキョー診断士会のマスターコースもいよいよ終盤戦に突入した。受講しているマスターコースは中小企業診断士が関わる領域を全方位的に1年間かけて学ぶものだがその中で最も楽しみにしている新規事業開発を受講した。一枚の絵から講義は始まった。なんとそ…

承継不可能ビジネス

ある職人さんを取材した。詳細は明かせないがその方は職人でありゴリゴリの芸術家だった。その方の作品は一品ものであり超現実を具現化したような作品もたくさんあり度肝を抜かれた。しかし実用性のない芸術品ではなくあくまで日常使うものを作っている。シ…

オンライ~ン・コンサルティ~ングッ

今は家にいながら全世界の人と顔を見ながら話すことが可能な時代である。すなわち実際に会わずして課題解決を行うオンライン・コンサルティングも存在する。それが盛んになっているかどうかは知らないのだがすでに数多く存在していることは容易に想像がつく…

自動記述23

赤と紫、黄と緑、青と黒。細やかな色彩はドアの向こう側に。地図に目を近づけておでこを地図に当てる。目をかっぽじってさらにおでこを近づける。おでこから血が出るとそこから真っ赤な夕日と山岳風景が広がってきた。家から一歩も出ないのに素敵な風景。夢…

社長チップス!?

プロ野球チップスではなく、「社長チップス」というものがあるらしい。http://shacho-chips.com/全国の社長のカードが入っていて戦闘能力なども書かれているらしい。味はCEO(塩)味ということで笑、かなりツボってしまった。「ポテトチップス」から「経営プ…