サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

セーセーした精神からブッツブツの物理へ

ダリセンセはフロイトセンセの精神分析学に
影響を受け、それが作品に反映されている。
そして時代が進むにつれ数学、物理学にも
関心を持ち宗教と科学と芸術の融合を
目指しているかのような作品をつくっていった。
なるほど~ちゅうことでフロイトの著作と
物理学の書籍を読み始めている。
元々理系であった私は物理学が
得意でもなかったが嫌いでもなかったので
ヒッサビサのブッツブツのブツリを
ザックザクすることにワックワクしている。
文系理系というつまらぬ概念はぶち壊すべきだ。
昨今人生100年時代とも言われており
あらゆるものを学ぶこと、学び直すことが
世間では叫ばれている。
いつ死ぬかは知る由もないが
せっかくなのでしょーもないこの脳ミソを
ムチャクチャにこねくり回してやろう。
中小企業診断士試験では
特に科学技術に関することは深く問われない。
だが科学や技術に対しても
知見を広げることは必須であろう。
そして科学や技術は「アイデア」「創造性」と
密接に結びついている。
そこに「経営」という視点が加わる時
「知的財産」という領域も大変重要である。
知的財産は流石に診断士でも学んだが
こちらもさらなる深堀をしていきたい。
なんてことだ!!
学ぶことが無限にあるゾ!!
タッヤー!
ボラブー!!
イザンバ!!!