サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

企業診断ニュース​

中小企業診断士協会に入会すると、
「企業診断ニュース」という会報誌が送られてくる。
中小企業診断士だけに色々な分野の特集が
掲載されているので毎月楽しみにしている。
9月号は「中小企業診断士リベラルアーツ
見つけ方」という特集だった。
リベラルアーツは日本語で「教養」と訳されるが、
人を奴隷ではなく自由人にする学問というのが
本来の意味らしい。
「クリエイティブの教養」「テクノロジーの教養」
中小企業診断士に必要な教養」の3つ立てで
オススメの本等も紹介されている。
「クリエイティブの教養」では、先日知人から
オススメ本としてもらった本が紹介されていて、
https://ebisutakeshi.hatenablog.com/entry/2018/08/27/055803
個人的には非常にタイムリーであった。
経営に関する知識を横断的に学ぶ中小企業診断士
リベラルアーツ」は確かに親和性が高そうだ。
それに「教養」と「創造性」には関係がある思う。
「創造的になれる教養」について考えると
面白いかもしれない。