サルバドール・エビ

地方で生きる中小企業診断士の奮闘記

The MFA is the new MBA?

MFAはMater of Fine Artsで美術学修士
芸術学修士のことを指す。
アメリカではMBAよりMFAを持つ人材の方が、
重宝されているらしい。
論理的なスキルよりも直感的、感性的なスキルを
企業は欲しており、MBAホルダーは数が多く、
MFAはそれに比べて希少性があることも
理由の一つのようだ。
羽なし扇風機で有名なダイソン社の創業者、
ジェームス・ダイソンも英国の美術系学府
の最高峰RCAの出身らしい。
MBAスキル、MFAスキルは
どちらも必要だと思う。
それに加えて、今後は「哲学」も
重要になってくると思う。
人はなぜ効率化をするのかを歴史的に、
体系的に論ずることが出来たり
人間の本質的なところに
アプローチしていくようなそういう人材が
企業戦略にまで入り込んでいけば
面白くなってくると思う。
中小企業診断士MBAと比較され、
中小企業特化版MBAとも言われたりするが、
診断士の扱う知識の深堀はもちろん、
芸術、哲学、歴史、宗教なども学ぶ姿勢を
持っておかねばと感じている。
そんな時間もないのだが笑。