サルバドール・エビ

地方で生きる中小企業診断士の奮闘記

​AIが代替出来ないこと

​AIが代替出来ないことは何だろうか。
良く言われるのが、
「創造」と「コミュニケーション」である。
AIは膨大なデータを処理し、
そこから正解を導くことは得意だが、
0から1を産み出すような
クリエイティブなことは苦手だ。
コミュニケーションもあまり得意でない。
Siriとの会話に盛り上がり、
酒飲みながら朝を迎えたなんて
今まで聞いたことがない。
現状はこれら2つはまだ弱いと思う。
しかしAIは進化しているので、
今後どうなるかはわからない。
例えば作曲するAIも開発されている。
「創造」の分野にまですでに
入り込んで来ている。
人工知能芸人が今後出てくるかもしれない。
想像もつかないボケとツッコミで
大爆笑してしまう日が来るかもしれない。
人工知能が人類の知能に追いつくことは
シンギュラリティ(技術的特異点)と呼ばれる。
アメリカの人工知能の研究家である
レイモンド・カーツワイル氏は、
それが2045年頃に起きると予測している。
人工知能を搭載したロボットやシステムを
導入するコストが現在の人件費を大幅に
上回る限り、なかなか導入されず人工知能
普及していかないだろうという予測もあるが
今後世の中がどうなっていくか見ものである。