サルバドール・エビ

超現実珍談集

ニンジン的ニンゲン関係

人間関係で職場を退職する人は多いらしい。
ニンゲンほどメンドクサイものはないし
いい加減なものはない。
その気持ちはよくわかる。
イヤなヤツは地動説がひっくり返っても
イヤなヤツであろう。
相手が自分をイヤなヤツと思っていたら
逆もまた然りである。
組織なんてクソじゃん。
人と人が集まったらロクなことないよねと
ある名物先生が言っていた。
まあそうだろう。
超現実世界に生きていると
意外とそういういわゆる現実では
耐性ができていると言えるかもしれない。
仮に説教されたとしても振り返って
ニヤニヤしてしまうサイコパスなところがある。
右から左へ流れて行き
左から右へ流れていくことで
脳の中心で苛立ちはリボン結びされ
ふわっと消えてしまう。
人間関係は人参関係と同義である。
砂漠でデザートを食べよう。
デザートインデザート。
ドロドロに溶けたアイスクリームを顔にかけよう。
その心地よさが答えである。
イチゴになったストロベリーがいいのか。
ストロベリーになったイチゴがいいのか。
はっきりしたまえ!!!
パラシュート・アーミーに襲撃された
イヤなヤツは人参関係が理解出来ず
墓場で泣き苦しむのだ。
ああかわいそうに!
威風堂々たる凡人礼賛でもして
シュークリームでもコンシュームしようではないか。