サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

批判的たれっ!

前回は「偏執狂的」を噛み砕いてみたが
今回は「批判的」を考えてみる。
批判的とは物事を客観的に分析的に
論理的に考えていく態度のことを指す。
否定的に物事を見ることは
イコール批判的ではないのだ。
批判的は英語でクリティカルである。
そうビジネスマンならおなじみの
クリティカル・シンキングである。
まあ詳しく説明するまでもないだろう。
クリティカル・シンキングの他にも
ロジカル・シンキング、
ラテラル・シンキング、
デザイン・シンキング、
クリエイティブ・シンキング、
ビジュアル・シンキング、
システム・シンキング、
インテグラル・シンキング、
エスチョン・シンキング、
ディープ・シンキング、
シナリオ・シンキングなど
色々なシンキングがあるようだ。
まさにシンキング地獄である!
シンキ!シンキ!シンキ!
カッカッカッカッカッカ!
考えるな!
感じろ!
ジャスト・フィール!!!
シンキング・イズ・デッドッ!!
まさに向井先生が言うように
シンキングビジネスの餌食となって暮らし
我々は延々能書き垂れ流しである。
妄想的にシンキングに対して
シンキングするがまさにそれが
地獄への入口であって出口なき思考迷路で
さまよう迷子の迷子の子猫さんである。
犬のおまわりさんは困ってしまって
ワン!ワン!!ワン!!!
実にクリティカルな事件である。
我々は一生迷子のままなのだ!
ニャン!ニャン!!ニャンッ!!!