サルバドール・エビ

超現実珍談集

老舗

トーキョーの診断士仲間がAI研究会と
老舗研究会に入っていると言っていた。
「AI」と「老舗」とは両極端な感じもするが、
そこが診断士らしくていいなとも思う。
「老舗」とはなんだろうか?
厳密な定義はないようだ。
創業100年以上の企業はなんと
日本に10万社以上もあるらしい。
世界で群を抜く老舗大国とのこと。
有名なのは飛鳥時代から続く「金剛組」だ。
創業578年らしい笑。
聖徳太子の命で創業開始したなんて
古事記、日本書記以前の話なので
とんでもなくビックリである。
2005年に経営危機になり、高松建設から
出資を受けなんとか倒産を免れた。
世界最古の企業なので、
何が何でも潰さないで欲しいと
世間も考えるだろう。
「老舗」として生き残っているからには
絶対的に理由がある。
独特の経営哲学などもあるはずだ。
ただ何となく100年以上も
経営出来るわけがない。
トレンドを追いかけるのも大切だが、
より本質的な所を追及する方が、
中小企業診断士の使命に合っている気もする。
老舗研究面白そうじゃないか。
歴史の勉強にもなるし、
その製品、商品、サービスにも歴史の重みを
感じることが出来るようになりそうだ。
オラワクワクしてきたダダイズム