サルバドール・エビ

中小企業診断士の超現実診断士への挑戦

経済制裁からの「制裁発想法」

経済制裁の結果、
飢餓などが発生し亡くなる人が
出てしまうのは悲劇以外何物でもない。
一方で経済制裁によって
手に入らなくなった物資に代替するものを
発明しようという動きになり、
技術革新が起きることもあるようだ。
ドイツは第一次世界大戦時に
イギリスから経済制裁を受けたが、
その時に発明された
窒素からアンモニアを作る技術、
ハーバー・ボッシュ法」はその一例らしい。
ここで思ったのが、
「己に制裁」という形で何らかの制限を
自分に与えることで創造的になれる方法を
考えると面白いかもしれない。
「制裁発想法」と呼んでみる。
例えば時間を制限してみるとか、
通勤手段を制限してみるとか。
使えるお金を制限してみるとか。
またこれは経営にも展開することが出来る。
例えば主力製品の販売が諸事情で制限されたら
どうすべきかを社内で議論してみると、
良いアイデアが浮かぶかもしれない。