サルバドール・ヱビ

超現実珍談集

Lie lie lie liar you lie lie lie lie

クレタ人はいつも嘘をつく」
あるクレタ人がそう言った。
自己言及のパラドックスとも呼ばれるが、
これはパラドックスとして成立していないと思う。
その証明はネットで調べれば、
いくらでも出てくるので割愛するが、
いつも嘘をつく生活を送るとどうなのだろうか。
なんか旨いものを食べた時は、
「なんだコレ、クソまずくってしょうがねえよ!」
暇なのに今日、暇?と聞かれれば、
「暇なわけねえだろ!
クソ忙しくってしょうがねえよ!」
夜になりウトウトしているところ、
眠いの?と聞かれれば、
「眠いわけねえだろ!アドレナリン出まくってて
今日もオールナイトだわ!」と言いながら、
眠りにつかなければならない。
「超絶ライアー、クレタ人の人生」として
映画化してもらいたいものだ。
オープニングテーマはSex Pistolsの"Liar"、
エンディングテーマはビートルズとしか思えない
The Knickerbockersの"Lies"でキマリだ。