サルバドール・ヱビ

超現実珍談集

フレームワーク

戦略などを考える際にはフレームワークを使う。
論理的に客観的に物事を考えられるようになり、
それを元に議論も出来るのでフレームワーク
有効的なツールなのは間違いない。
しかし、フレームワークに依存しすぎると、
戦略が同質化していく危険性もあると感じる。
まるで税理士が税法に則り、誰が見ても
間違いのない税務申告を行うかのように、
フレームワークに則り、同じような戦略を
打ち出してしまう危険性がある。
ある程度の効果は出せるだろうが、
戦略を読まれて競合やリーダー企業に
裏をかかれることもあるかもしれない。
中小企業診断士2次試験のような
与件文だけを読み解答を出すものならば
それでもいいかもしれないが、
現実は複雑で多様な条件と変数が絡むので
良く吟味しないといけない。
物事をシンプル化し過ぎて
大事なことを見失ってしまわないように、
いつも良い意味で批判的に、
時に破壊的に考えていかねばと思う。