サルバドール・エビ

地方で生きる中小企業診断士の奮闘記

ベンチャービジネスの特許取得を後押し

政府が12日、知的財産戦略本部を開き
「知的財産推進計画2018」を決定した。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/index.html
こちらのWEBにある資料はかなりボリュームがあり
全部は読めてはいないが、現状と未来予測が
書かれていて、政府の見解もわかり勉強になる。
ベンチャー企業の支援も明記されている。
ベンチャー企業を対象に、2018年度中に
通常1年以上かかる特許審査を約2.5ヶ月に
短縮できる「スーパー早期審査」制度の
利用要件を緩和する。
インターネット上で申請を受け付け、
特許庁が優先的に審査する仕組みで、
申請する特許が海外でも出願済みなのが条件だが、
ベンチャーに限り海外出願を不要にするようだ。
計画には中小企業への支援策も盛り込まれている。
翌年も中小企業の特許料を一律で半額にするとのこと。
知らなければならないことが山ほどある。