サルバドール・エビ

地方で生きる中小企業診断士の奮闘記

地元中小企業の製品・技術輸出支援 ​

地元の中小企業の製品・技術輸出支援を行う
素晴らしい会社の存在を知った。
https://aglobe.net/
エイグローブ株式会社は静岡県浜松市にある。
お茶や産業機械など静岡を中心に
中小企業の製品・技術の海外輸出を支援している。
代表取締役の小粥さんは通訳での経験で、
欧州で従業員3、4人の小さな町工場が積極的に
海外輸出をするのを見て起業を決意したそうだ。
初めは顧客がほとんどがいなかったが、
2013年頃、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉が
始まり、海外進出に関心を持つ企業が増え、
顧客が増えていった。
顧客の商材によって売り込むべき国・地域、
セールスポイント、販路開拓の方法が違うので
顧客ごとに最適な販路開拓法を考え提案し、
徐々に多くの顧客の信頼を勝ち取っていったとのこと。
釣り具メーカーの海外進出では、現地の釣具店を
招いて大会を開催し、耐久性や大きさなど
現地ならではの需要を引き出し、ECサイトも整備。
顧客の海外売上高は1億を目指すまでになった。
海外展開に積極的な中小企業が増えることは、
この国の将来にとって重要だと思う。
海外展開するには言葉の壁があり、インターネット、
マーケティング、プロモーション等が障壁となって
二の足を踏んでいる中小企業が多々ある。
大手商社とは違う中小企業特化の海外展開支援企業が
増えていくことはとても良いことだと思う。