サルバドール・エビ

地方で生きる中小企業診断士の奮闘記

消費税軽減税率制度

2019年10月1日に消費税率が10%に
引き上げられる予定だが、それと同時に
消費税軽減税率制度も実施される。
この制度は酒類と外食を除く飲食料品と
定期購読で週2回以上発刊される新聞を
対象に軽減税率8%を適用するものだ。
スーパーで食品とお酒を買った場合、
食品には8%、お酒には10%の消費税が
かかるので店は複数税率に対応した
レジにしなければならない。
このレジの新規導入や改修、
受発注システムの改修に対して、
軽減税率対策補助金など
http://kzt-hojo.jp/
中小企業庁はサポートや施策を用意している。
軽減制度実施で潤う業者もあるわけだが、
中小企業や小規模事業者にとって、
制度に対応するためだけに、
出費するのはつらいこともあると思う。
中小企業庁としては、複数税率対応を
機会にレジ回りの業務効率化、生産性向上を
進めていくことを期待しているようである。