サルバドール・エビ

地方で生きる中小企業診断士の奮闘記

中小企業診断士第2次試験(口述試験)の勉強方法の備忘録

​最後の関門である口述試験
いわゆる面接である。
合格率はほぼ100%なので、
会場に辿り着き、ちゃんと話せれば
基本は合格出来るとのことだった。
筆記試験の合格発表から2週間も経たず、
口述試験となるので、
ささっと何をすれば良いか調べた。
当日は筆記試験の問題の事例に関して
10分程度幾つか質問される。
筆記試験の問題と設問を読み直し
どんな事例だったかを頭に入れた。
後、大手予備校がインターネットで、
無料で口述対策の資料を出して
くれているのでそれを印刷し読んだ。
口述試験対策の講義の映像も
インターネットで公開されていたので見た。
大都市であれば、
予備校などが模擬面接をやっているようだが、
地方在住なので、妻に模擬面接をしてもらった。
口述対策の資料に幾つかの質問が
列挙してあるのでそれを読んでもらい、
答える練習をした。
妻にとっては何が何だか
意味不明だったに違いない笑。
たまに落ちる人がいることはいるらしく、
当日までは何となく
落ち着かない日々を過ごしたのだった。